少しでも高く不動産売却!不動産買取で失敗しないためのコツや基本を解説!

当サイトは少しでも高く不動産売却したい人が知っておきたい、不動産買取で失敗しないためのコツや基本を解説しています。
大切な不動産を最大限活用するためにも、押さえておくべきポイントとなっています。
査定価格が買取価格になるので複数の会社に見積もりの依頼をすれば納得の価格で売れる可能性が高くなります。
また買い取り賃貸居住サービスがある不動産の買取も存在しているので見逃すことはできません。

少しでも高く不動産売却!不動産買取で失敗しないためのコツや基本を解説!

大切な不動産を手放すときには、失敗しないための知識をあらかじめ押さえておきたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
納得の不動産売却をするときには、どのような業者を利用するかが大切になります。
専門知識が必要な不動産売却には、信頼できる業者に任せたいものだからです。
様々な不動産買取業者がある中から、不動産買取をしてもらう業者を選ぶときには実績の有無がポイントです。
また複数の会社で査定をしてもらい、その中から選ぶようにすると良いでしょう。

不動産買取の流れの中での事前準備はスムーズな買取に繋がる大切な作業

不動産取引には、大きく分けて仲介と不動産買取の2種類があります。
仲介の場合は、不動産会社を利用する買主さんが個人のお客さんで買取は不動産会社です。
一般的に、不動産買取はなるべく売却を短期間で完了させたい人や仲介では売ることができない物件を所有している人などが利用することが多いのですが、不動産買取を利用するときには相場を調べること、複数の会社に査定の依頼を行う、買取額の目安を決めて取引する業者を決定するなどの流れになります。
さらに、物件の引き渡し条件を決めて契約の締結、入金および物件の引き渡しを行い翌年確定申告するなども必要です。
なお、不動産の相場を調べることは事前準備に含まれる作業です。
事前に不動産の相場を調べておけば、買取先の会社選びや買取価格の交渉を行う際に役立ちます。
ちなみに、不動産買取は市場価格の7割程度が相場といわれているので、仲介での売買価格の相場を調べておけばおおよその買取相場を把握することができます。

不動産買取業に見積もりの依頼をする前に買取査定額の相場を調べておこう

不要になった不動産を手放したいとき、不動産買取業者に見積もりの依頼を考えます。
しかしどのくらいの金額を提示されるのか全く分からないことも。
不動産が買い叩かれないように、事前に買取査定額を把握しておきたいもの。
買取相場は不動産売却査定サイトなどで確認することが可能です。
サイトの専用のフォームに必要な情報を入力して検索すると簡単に診断してもらえます。
事前にこのような情報があるのとないのでは、やはり大まかな金額でも知っている方が実際に見積もりを依頼して提示された査定金額を冷静に判断することができます。
また不動産買取を依頼する際は、複数の業者から見積もりをとることもポイントです。
大まかな相場がわかっていても一社の見積もりだけでは不十分で比較することができません。
複数を比較することで、より現実的な金額が見えてくるはずです。
不動産買取業者に見積もりをする際は、可能な範囲で事前に自分でも調べておくことが大切です。

不動産買取での必要書類の種類を把握しておこう

不動産買取には必要書類が多くあり、またマンションか戸建て、あるいは土地そのものによって必要になる書類が多少異なるため注意しておきましょう。
不動産買取において、登記簿謄本や登記事項証明書、売買契約書、物件購入時の重要事項説明書、登記簿権利書または登記識別情報などといった基本的なものは、マンションであっても戸建てであっても変わりません。
一方で、土地測量図や境界確認書はマンションには必要なく、物件の図面や設備の仕様書などは土地売却には必要ありません。
反面、管理規約または使用細則は戸建てや土地以外の物件では確実に要るものとなるなど、それぞれ必要書類が異なることを留意しておきましょう。
不動産買取の書類は他にもあり、たとえば耐震診断報告書やアスベスト使用調査報告書といったものは任意で出すものとなっています。
ただ、昨今の事情から耐震性などは明瞭に報告する流れになっているので、任意といっても用意しておくことに越したことはありません。

不動産買取の場合も仲介と同じく机上査定と訪問査定の2種類の査定方法がある

不動産買取は、いわゆる仲介とは異なる形で手持ちの住宅や土地などを売却するための不動産関連サービスです。
仲介が広告を掲載することなどにより広く一般から買い手を募るのに対し、不動産買取では売却を依頼した不動産会社が直接物件を購入します。
そのため仲介よりも売却実現に至るまでのプロセスが短く、迅速な現金化が可能になります。
もちろん、プロセスが短いと言っても最低限の手続きは必要になります。
物件の査定も欠かすことのできない手続きの1つであり、売り手は査定後に提示された買取額を見て、売却を承諾するかどうかを決定します。
不動産買取における査定方法には机上査定と訪問査定の2種類があり、これは仲介の場合と同様です。
このうち前者は、広さや間取り、立地、築年数といった物件にかかる諸情報のみを用いて買取価格を算定するというものです。
これに対して後者では、実際に物件所在地を訪問して土地の状態や建物の傷み具合などを見分したうえで査定を行います。
売り手としては、まず複数の業者に机上査定を依頼し、その結果を見て絞り込みを行ったうえで訪問査定を依頼するというのが一般的な手続きとなります。

著者:竹沢博行

筆者プロフィール
高齢のため家を処分したいが引っ越しは難しい、という両親に賃貸居住サービスを紹介しました。

千葉で不動産買取するならこのサイト!